『Chrome Hearts クロムハーツは、なぜ高いのか?』ブランディング戦略から見る5つの理由

”# Chrome Hearts クロムハーツ高いっ!!! ”

Chrome Hearts クロムハーツは、なぜ高いのか?

Chrome Hearts クロムハーツをこれから買う方、買いたい方、もっと知りたいと思っている方。皆さん、共通して一度はこのフレーズを頭に浮かべたことがあると思います。なぜ Chrome Hearts クロムハーツはこんなに高いのか?普通の指輪リングならば、半値半分以下の値段で買えるのにChrome Hearts クロムハーツのリング・指輪というだけで、めちゃくちゃ高いこの理由についてご紹介します。

Chrome Hearts クロムハーツが高い理由

ヤフー知恵袋でもこのトピックについては、非常に人気のようです。Chrome Hearts クロムハーツが高額なのは、人気ブランドであるというのも勿論あります。そして、シルバーアクセサリーという特性上から職人が1つ1つハンドメイドで作るアイテムが多いため、工場などで大量生産、大量消費されるものよりも高くなるというのも理解できます。 ※全てのアイテムがハンドメイドではありません。大量生産で作られるアイテムもあります。

クロムハーツが高い理由
  • ハンドメイド・手作りであること
  • 人気があり、希少であること
  • 輸入コスト・為替レートに影響されること
  • 価格競争がないこと
  • シルバーアクセサリーブランドからハイブランドになったこと

ハンドメイド・手作りであること

Chrome Hearts クロムハーツの工房写真(1993年) via HANDHORSEMAN
  • 職人一人あたりの、製造個数が限られる。
  • 複雑なアイテムは製造コスト、時間が膨大になる。
  • 人件費の変動が商品代金に反映される。

Chrome Hearts クロムハーツの人気と、ブランド価値をこれだけ高めた大きな理由の1つでもある「ハンドメイド・手作りであること」です。職人の手作業で、各工程を行うため製造個数に上限ができます。そして人件費の上昇に伴い、製造コストも上がるためそのまま商品代金にそれが反映されます。

また職人のコストは、単純な人件費というわけにはいきません。職人のレベルが上がれば、当然ながらお給料も上がります。そして、新人の職人が増えれば職人も仕事が増えこれまた昇給が必要になります。

人気があり、希少であること

  • 希少価値の高さ、人気の高さから需給バランスにより価格が高騰しやすい。
  • ダイヤモンドや金(ゴールド) のように希少性の原理(きしょうせいのげんり)が働く。

Chrome Hearts クロムハーツの愛用者というのは、かなりの割合でコレクター化します。それだけ Chrome Hearts クロムハーツには魔力的な魅力があります。それは同時に人気の指輪リングや財布、バングルなどの1点もののアイテムは確実に入荷と同時に即売れます。また複数個の在庫があっても、クロコダイルやアリゲーターなどのレザーで作られた財布などは同じデザイン(模様)は1つとしてありません。

こういった希少性と人気の高さから、同じ種類のアイテムでも他ブランドに比べて非常に高額の価格設定がされるわけです。ダイヤモンドや金(ゴールド)が高い理由(希少性の原理)と同じですね。

輸入コスト・為替レートに影響されること

Chrome Hearts クロムハーツのリング・指輪や財布ウォレット、ネックレスなどのアイテムはすべてアメリカ本国で製造され世界各国のChrome Heartsの店舗に輸出されます。当然ですが、ほかの輸入業者と同じように円USDの為替レートが大きく円安にふれた場合には円での仕入れコストも増えます。(※厳密には取引形態や、輸出入タイミングなど為替レート以外の複数の要因により変動します。)

価格競争がないこと

Chrome Hearts クロムハーツ直営店も以前は、ユナイテッドアローズが運営していましたが。現在は 全ての直営店がChrome Hearts クロムハーツ本部の運営に代わりました。こういった点から、日本国内に限っていえば Chrome Hearts クロムハーツ自身が価格調整を自由自在にすることが出来ます。※現に、過去に数回クロムハーツでは価格調整により値上げがありました。

Chrome Hearts クロムハーツは厳密には価格競争が全くないわけではありません。並行輸入でGXOMENSと同じように、アメリカの Chrome Hearts クロムハーツから購入し日本で販売する企業や個人は沢山います。ただやはり一般的に Chrome Hearts クロムハーツの偽物・フェイク品が多数流通していることや、直営店で購入するというある意味でその購入体験自体も価値やステータスと考える方が多いのも事実です。

シルバーアクセサリーブランドからハイブランドに進化したこと

Chrome Hearts クロムハーツほど世界的に見て、神格化されたシルバーアクセサリーブランドは無いでしょう。日本ではゴローズ(Goro’s)がそれに近いものがありますが。ビジネスとして、世界規模で尚且つ創業から現在までの期間成長し続けているという点では唯一無二のシルバーアクセサリーブランドといえます。

ここまでのブランディング戦略が実現したことで、 「Chrome Hearts クロムハーツは高い値段で無理して買う」ことがある意味でステータスであり満足感につながるという。興味のない方からすると異常とも見える、ユーザー心理、ユーザーの購買行動が Chrome Hearts クロムハーツが高い価格で販売できる理由の1つでもあります。

これは、Instagram(インスタグラム)の投稿を見ると良く分かりますが。 Chrome Hearts クロムハーツ直営店でインスタグラムのエリア検索すると、購入したばかりのユーザーが「めちゃ高かったけど、、、」や「給料〇か月分を、、、」なんてコメントと一緒に投稿されているのを見ます。

ただ、これらをInstagramへ投稿した方がChrome Hearts クロムハーツに、ボッタクられたと思っているかと言えばそんなことはありません。たしかに経済的には大変だけど、無理して購入したこと自体には充分満足しているんです。つまり Chrome Hearts クロムハーツ はもうシルバーアクセサリーブランドではなく世界的にも成功したハイブランドへ進化しているという事が言えると思います。

Chrome Hearts クロムハーツの価値は更に増す

Chrome Hearts クロムハーツの価格が高い理由について、5つの理由という事でかなりコンパクトにしてご紹介しました。本当はブランディング戦略について、クロムハーツの歴史と合わせてもう少し掘り下げて触れたかったのですが。おそらくかなり無駄に長くなるので、別記事でご紹介します。

Chrome Hearts クロムハーツ の価格 が高い理由はここに紹介した以外にも沢山ありますが。最終的に、価格が高いかどうかと言う判断は、市場価値や製品の適正価格というよりも購入するユーザー自身の価値観によるところが、非常に大きいのかなと論点がずれちゃいますが。思うところがあります。

でもやっぱり高いw

Chrome Hearts クロムハーツのリング・指輪、財布・ウォレット、チェーンにネックレス、バングル、帽子・キャップと上げればキリがないぐらい爆買いしたいアイテムがありますが。。。爆買いはできません。。。やっぱりChrome Hearts クロムハーツのお値段は高い。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください