『動画&レビュー』エア・ヴェイパーマックスプラスの人気と評判のヒミツを探る。#NIKE PRODUCTS TIPS

”AIR VAPORMAX PLUS”

エア・ヴェイパーマックスプラスは2018年1月25日にリリースされたエアマックスプラスとヴェイパーマックスの融合したハイブリッドスニーカーです。
※リリース日の2018年1月25日はエアマックスプラスの20周年記念日とされています。

ハイブリッドスニーカーなんて難しいこと言ってますが。エアマックスプラスのアッパーとヴェイパーマックスのナイキエアのソールをMIXさせた往年の人気モデルと今乗りにノッテるトレンドモデルをくっ付けた良いとこ取りのスニーカーなんですね、、、ってそんな単純ではありませんが。

まあでも格好良いので既に海外、日本国内ともに非常に人気のモデルの仲間入りしておりまして既にヴェイパーマックスプラスの偽物なんかも既に登場してる訳なんですが。今回はそんなヴェイパーマックスプラスのレビューを動画や評判、サイズ感などを交えてご紹介したいと思います!!!

エア・ヴェイパーマックスプラス好きな方はこちらの”ヴェイパーマックス”にフューチャーしてナイキで唯一、エキスパートデザイナーの称号を持つデザイナー。しかもなんと日本人という同じ日本人として誇らしい限りなデザイナーさんもご紹介しております。

エア・ヴェイパーマックスプラスの歴史

エア・ヴェイパーマックスプラスのレビューを早くみたい方も多いと思いますが。このスニーカーの歴史やバックボーンを知ることでより楽しめたり、履く楽しみを得れる、、、かもしれませんのでヴェイパーマックスプラスの歴史をご紹介させて頂きます。早くレビューと動画見たいって方はスルーして下さい。

1998年:エアマックスプラスの誕生

via nike

ヴェイパーマックスプラスの歴史は1998年に遡ります。時のナイキのデザイナー、シーン・マクドウェル(Sean McDowell)がAir Maxラインに加えてパフォーマンスランニングシューズを思い付きました。そう、そのランニングシューズこそが”ナイキエアマックスプラス”と名付けられた今日のヴェイパーマックスプラスの原型ともなるデザインの誕生だったのです。

ナイキエアマックスプラス” のデザインはフロリダのビーチ、夕焼け、そしてヤシの木にインスピレーションを受けデザインされました。エアマックスラインの前のモデルと比較して、TPUスケルトン、プラスチックのつま先キャップ、平らなチューブレース、くさび形と古典的な六角形の「Tn」ブランディングによって囲まれたその明るい色のアッパーによる大胆な審美性を持っていました。

伝説の”ナイキエアマックスTN”の登場

Air Max Plusの魅力的なデザインをバックアップしたのは、当時新たにデビューした”Tuned Airテクノロジー”で、ナイキエアはセクションごとに個別に調整され組み合わされて、ランナーが必要とする高性能なクッショニングデザインと衝撃保護を実現します。これは後々、ナイキエアといえば「TN」と呼ばれるほどに欠かせないものとなった「ナイキエアマックスTN」、「Tn」の誕生でした。

エアマックスプラスはリリースされて約20年の時が経ちますが。当時は瞬間的ともいえるほどに瞬くまに大HITしオリジナルのエアマックスに負けないぐらいのトレンドをスニーカーヘッズだけではなくファッションシーンにもたらしました。

ナイキのビジネスにおいてもエアマックスプラスの売上は発売以来売れに売れ減速の兆候を見せていません。またエアマックスプラス用に何百ものカラーウェイが発表され、さらにレザーエディション、ウルトラバージョンなどの構造や素材のバリエーションも発表されました。 

エアマックスプラスとヴェイパーマックスプラスは1月25日が誕生日!?

エアマックスプラスの20周年を記念すべき2018年1月25日にエアマックスという20世紀最大のトレンドを巻き起こしたともいえる伝説のスニーカーの誕生を祝いつつそのエアマックスプラスの進化系としてヴェイパーマックスプラスをリリースしました。

Nike Air VaporMax PlusはAir Max PlusのシグネチャーでもあるTPUオーバーレイを備えた明るいネオプレンアッパーを特色としいくつかのカラーウェイと190ドルの値段でデビューしました 。

評判とレビュー

百聞は一見に如かず”と言いますんで実際のアイテムのレビューと評判からご紹介したいと思います。私のレビューだけ書いちゃうと公平性が無くなりますんで海外・国内のブロガーさんやインスタグラマーさんの投稿を見て良い点と悪い点という観点からご紹介したいと思います!!

購入したいと思った7つの理由

  • いくつかのブログ、Twitterでほかのユーザーがエア・ヴェイパーマックスプラスのスタイリッシュな外観デザインに満足していました。さらにノーマルなヴェイパーマックスより見栄えが良いという意見を沢山見たのでヴェイパーマックスプラスに決めました。
  • ヴェイパーマックスプラスの新しいシルエットはアッパーに追加の補強が入っているため初期のヴェイパーマックスよりはるかに安定しているとコメントしているほかの人の口コミでヴェイパーマックスプラスにしました。
  • ヴェイパーマックスプラスは、特にアッパーが足にどのようにフィットし適合するかという点で、非常に快適でありナイキのコンセプトとされているように、それは空中を歩いているように感じます。
  • 知り合いのバイヤーが複数色、ヴェイパーマックスプラスを持っていて自分もほしいなと思ったから。
  • ヴェイパーマックスプラスのナイキエアソールは時代のトレンドであり、スニーカーヘッズにとっては一度は履いておく必要があると感じたため。
  • 知り合いや友人でヴェイパーマックスプラスを購入した口コミだと、この靴のフィット感は完璧だと聞いたため。
  • エアマックスには無い新しさをヴェイパーマックスプラスのデザインに感じたのが一番の購入の決め手です。

買わない・購入しないと考えた5つの理由

  • ヴェイパーマックスプラスはオリジナルのVaporMaxよりも少し重いというレビューを見たので購入を断念しました。
  • エアマックスやエアフォースなどに比べ、ヴェイパーマックスプラスは1足の値段が高いので買わないことにしました。
  • オリジナルのヴェイパーマックスと比べて、ヴェイパーマックスプラスは通気性が劣るのが理由です。
  • オリジナルのヴェイパーマックスに比べてヴェイパーマックスプラスは履き心地が少し窮屈に感じる箇所がいくつかあるという口コミを聞いたから。
  • ヴェイパーマックスプラスは自分の足には大きすぎると考えているので購入しない。

サイズ感とフィット感

via KicksOnFire.com

ヴェイパーマックスプラスは日本ではメンズサイズ24㎝から30㎝までが取り扱いされています。アメリカだと32㎝程度まであります。そして肝心のサイズ感ですが、一般的にはジャストサイズで問題ありませんが。

履き始めが窮屈さを感じるのとヴェイパーマックスプラスが 足にぴったりとフィットする快適なフィット感を実現する”ネオプレンアッパー”を採用しているため特につま先が幅広な足の形状をされている方だとハーフサイズ(0.5㎝)は大きめにした方がより快適に履いて頂けます。

注目すべき機能

エア・ヴェイパーマックスプラスはナイキにとって最も象徴的ともいえるヴェイパーマックスとエア・マックスの両人気モデルのデザインシルエットを組み合わせた独特でありながらも見るものを魅了させるデザイン外観であるため。

ナイキ初心者やエアマックス、エアヴェイパーマックスプラス入門者でもすぐに愛用のマイスニーカーの1つに加えたくなること間違いなしの1足です。

その最も際立った特徴はナイキの中でも歴史のあるエアマックスプラスのアッパーデザインでシンボルともいえるサポートのための光沢のあるTPUケージ。そしてレースループとヒールから覗く“Vm Air”が入ったヴェイパーマックスのナイキエアソールの形状をイメージした 六角形で黄色のブランドロゴ。

Vm Air” ロゴ

そのランニングシューズのルーツは、このライフスタイルモデルではまだ明らかです。Air Max Plusから借りられたもう一つのデザイン要素は、つま先ボックスの先端からネオプレンの舌まで靴の中央に沿って反射する3Mの水平ストリップです。

ヴェイパーマックスプラスの特徴的な3Mデザイン

レビュー動画

買う前にチェックするならググってみるのも勿論ですが。インスタにYouTubeをチェックするのも欠かせません!!!そんなわけで日本人ユーチューバーから海外の人気スニーカーチャネルまでご紹介していきます!

日本人ユーチューバーのレビュー動画

コメント欄が賑やかなのも人気の証でしょう。日本人ユーチューバーのファッションジャンルで人気の”げんじ”さん。WEARやインスタなどでも結構な数のフォロワーさんを抱えており。noteでSNS運用など展開されております。

こちらはEND.で購入された海外限定モデルのヴェイパーマックスプラスです。ヴェイパーマックスプラスのレビューもですが。40代ユーチューバーという中々尖ったキャラクターのマシコさんが気になって若干集中できませんw。

海外スニーカーチャネル


ヴェイパーマックスプラスのブラックのレビュー動画で英語ですが。細部のデザインディティールまでチェックできるためこれから買いたいけどまだ実物見ていないって方にうってつけの動画です。

またデニムやワークパンツなどボトムスとのコーデの相性も見れるように着用レビューもしてくれています。

関連記事

Please comment here

Loading Facebook Comments ...

Leave a reply:

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Site Footer