『NIKE x UNDERCOVER SU19』GYAKUSOU(ギャクソウ)の次世代コレクションがリリースされる。

”#NIKE ナイキ×UNDERCOVER アンダーカバー”

UNDERCOVER(アンダーカバー)NIKE(ナイキ)のコラボの歴史GYAKUSOU(ギャクソウ)から始まり今回新たに2019年次世代コレクションとなる正式コラボプロジェクト『NIKE x UNDERCOVER SU19』 が始動する。最初のリリースは6月7日 (金)ナイキラボ MA5、ドーバー ストリート マーケット ギンザなどで発売される。

発売されるのはアパレル類とフットウェア

アンダーカバーの高橋盾氏は10年以上前からランニング・マラソンに傾倒したプライベートのなかからインスピレーションを受けて始まったのがランニングコレクション「GYAKUSOU(ギャクソウ) の源泉である。

コラボスニーカー「デイブレーク」

カラーは?

NIKE x UNDERCOVER コラボスニーカー「デイブレーク」のカラーは全7色。ブルー、イエロー、ブラック、ブラック&イエロー、レッド&ブラック、グリーン、ブルー&イエローである。

取扱店舗

ナイキラボ MA5、ナイキ公式オンラインストア、SNKRS、ドーバー ストリート マーケット ギンザ

スニーカー画像ギャラリー

ブラック

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ブルー

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

イエロー

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ウエアデザインについて

“CHAOS BALANCE” のテキストロゴが入ったウエアデザインはアンダーカバーのブランドテーマでもあるこの“CHAOS BALANCE” のメッセージが TシャツやロンT、トラックスーツ・パーカー、パンツがリリースされる。

Tシャツ

ロンT

パーカー・トラックスーツ

パンツ

デザインは?

アンダーカバーおなじみの ” CHAOS BALANCE “のコピーから省略された “B”や “C”のラバーテキストでデザインされている。ロンTはウエスト、Tシャツはアームホールなど、ベルクロで自分サイズに調整できデザインとしてもスポーティでランニングと言わず普段使いでもいけるデザインである。

またメッシュ素材やポケットが多用されている点もデザイン面だけでなく機能性としても非常に使い勝手が良い。またパーカーのフード部分にはジップも使われており小雨や急な雨にフードかぶってと対応できるのも助かる。上の写真のスニーカーは4月15日にリリースされたNIKE ナイキ×UNDERCOVER アンダーカバーコラボのSFB Mountainマウンテンである。

GYAKUSOU(ギャクソウ) の歴史

2010年にデビューしたGYAKUSOU(ギャクソウ)は 東京を中心として活動するアンダーカバーの高橋盾氏が率いる ランナーグループ「Team GIRA」 より誕生。

GYAKUSOU(ギャクソウ)=「逆走」 の由来

「逆走」の文字通り、 デザイナーの高橋盾が、代々木公園のランニングコースを逆走して走っていたこと 、 ランナーグループ「Team GIRA」がランニングの際に他のランナーが走る方向の逆走していたことから命名された。

GYAKUSOU(ギャクソウ)のコンセプト

ランニングやマラソンをしている方ならば分かると思うが。調子が良い日もあれば悪い日もある。そして調子が良くても天気が悪かったりなどテンションが落ちる日もある。そんな日でもファッショナブルなランニングウエアにGYAKUSOU(ギャクソウ)スニーカーがあればテンションを上げれて気分良くランニングに行けるように自身のためにデザインしたというのが過去のインタビュー記事からみえるコンセプトの本質だろう。

まとめ

 「朝走れば知らない土地の表情が見えてくる」

<私と旅ラン> 高橋盾 「朝走れば知らない土地の表情が見えてくる」

過去のインタビュー記事でも高橋盾氏のマラソン、ランニング愛がひしひしと伝わってくるのであるが。今回の『NIKE x UNDERCOVER SU19』 が これまたGYAKUSOU(ギャクソウ)に負けず劣らずのランニング×ファッションのハイブリッドコレクションとなっているのは間違いないリリースが待ち遠しい。

Please comment here

Loading Facebook Comments ...

Leave a reply:

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Site Footer