後編:天才デザイナー「ラフ・シモンズ」2000年会社閉鎖、彼女との別れ、、からのジルサンダー、ディオール、アディダス、カルバンクラインを去るまでの軌跡

”History of Raf Simons”

ラフシモンズの歴史:前編はご覧になりましたか?
同郷のマルタン・マルジェラに影響を受けてファッションデザイナーになった過去を持つラフシモンズ。2000年以降は「adidas by Raf Simons」を筆頭にスニーカーシーンにも影響を及ぼすラフシモンズのスニーカーも多く登場しました。さらにはラフシモンズの輝かしい活躍もあり、過去にラフシモンズが手掛けたアーカイブも再燃し、価値も見直されます。そんなラフシモンズの2000年~現在までの活躍を見ていきましょう!!

目次 非表示

ラフ・シモンズ(Raf Simons)プロフィール

名前ラフ・ジャン・シモンズ( Raf Jan Simons )
生年月日1968年1月12日(わたし前日の11日生まれです^^運をおすそ分けしてほしいです^^)
設立ブランド ラフ・シモンズ(Raf Simons)
設立1995年
出身ベルギー・ヘンク(マルタン・マルジェラとは同郷です。)
公式サイト
rafsimons.com
Instagram@Rafsimons
Instagram投稿ハッシュタグ#rafsimons #ラフシモンズ #ラフシモンズアディダス #ラフシモンズスタンスミス
経歴 2018年12月21日:カルバンクライン デザイナー退任を公表

2000年:ブランド活動の休止

2000年の3月にラフシモンズは2000年A/Wのコレクションを最後にサバティカル休暇を得るために自社を閉鎖させます。 その後ラフシモンズはオーストラリアにあるウィーン応用芸術大学のファッション学科で5年間勤めました。

このウィーン応用芸術大学ファッション学科の専攻プログラムには、「今をときめく教授(Professor auf Zeit)」として著名なファッションデザイナーを招待するモーデクラッセという授業があり 、1980年には当時フランスのファッションブランド「クロエ」のデザイナーだったカール・ラガーフェルド客員教授として3年間着任しました。

それ以降、国際的に著名な活躍をしているデザイナーたちが教壇に立っています。ほかにもジルサンダー、ヴィヴィアンウエストウッド、ヘルムートラング、アントワープ出身のアバンギャルドデザイナーのヴェロニク・ブランキーノなどが教壇に立っています。ラフシモンズもこの大学の教壇に立った名だたるデザイナーの中の一人ということです。

2001年:ブランド「RafSimons」の再開

2001年の秋、ラフシモンズは1年間のサバティカル休暇を経てファッションの世界に復帰しました。2000年3月に、彼はファッションシーンのトップをひた走りながらもその世界から去りました。
再開した「RafSimons」は新しいパートナーシップにより、デザインチームの規模を縮小し、共同作業者とより親密に仕事をすることができました。

2001Autumn「Riot Riot Riot期」

View this post on Instagram

#rafsimons

A post shared by RAF SIMONS ARCHIVES (@raf_simons_archives) on

2001年秋の都市型急進派のハイパースタイルコレクションが完成しました。これは、ラフシモンズの初期の作品の細くて一味違う形の拒絶を表しています。特大サイズのもの(ボンバージャケット、フード、縞模様のタートルネック、ズボン)の大部分を構成し、モデルは衣服で完全に覆われておりほとんどのモデルはスカーフで顔を包んでいます。
ウィーンのフリーマーケットで、ウクライナやルーマニアから来た若者たちを見たラフシモンズはこの若者たちインスピレーションを得てこのコレクションに反映させました。このアイコンのコレクションを「Riot Riot Riot期」や「暴動期」、「テロリスト期」と別の名前で呼ばれています。
不器用に層を成したシルエットは、当時のメンズファッションを再定義しました。ラフシモンズの超スリムなスーツからの脱却を意味していたのでしょうか。。。
上のインスタのようにカニエウエストが着用しプレミアで価格が大高騰し$47,000もの価格で取引されるものもありました。

このコレクションはファッションのみに注目するのは間違っています。
パリの1区での優雅な環境のコレクションに慣れているバイヤーやファッションジャーナリストを含むファッション関係者たちに対してラフシモンズは、このショーを大量の煙と閃光で満たされた冷たく湿った倉庫で行いました。それはもしかしたらある種、華やかなランウェイでのコレクションに対するアンチテーゼだったのかもしれません。そしてバイヤーやファッションジャーナリストはこのコレクション会場にいい気分はしなかったんじゃないかと思います。
しかし、このショーは単に形についてではありませんでした。ソニックユースとジョイディビジョンのコンサートのためのチラシ、クリスティアーネF.の映画のポスター、写真、そしてことわざの断片が衣服に貼られました。その中には、Manic Street Preachersというバンドの写真と、1995年にギタリストのRichey Edwardsが姿を消したことによる警察の報道コメントまでもが含まれていました。これは、バンドの本国であるウェールズで軽微な論争を呼びました。

コレクションギャラリー

2002S/S

ショーは上の動画のように真っ白のモデルがたいまつを掲げて登場するところから始まります。

2002AW「VIRGINIA CREEPER期 」

View this post on Instagram

#rafsimons

A post shared by RAF SIMONS ARCHIVES (@raf_simons_archives) on

コレクションテーマは「自然の二元性」。自然が持つ「美しさ」と「脅威」。その両面を表現したコレクションです。
シーズン名のVIRGINIA CREEPERとは「アメリカヅタ」の英名です。ブルーベリーのような美しい実をつけますがその実には毒があります。そういった自然の二面性を服を通して表現しています。
また、森林のブラウンや夜の黒、スレートグレイや葉の緑色など自然関連のテーマに由来したカラーリングを使用しているのも特徴です。
コレクション発表も植物が生い茂る場所で開催され、自然の壮大さを一層感じさせるコレクションになっています 。
シンプルでわかりやすいデザインでもコレクションテーマに基づいたデザインだとまた見え方も変わったりしますね。

2003年:スイステキスタイルアワード受賞

新たな才能発掘を目的とした「スイス・テキスタイル・アワード」は、2000年にスタートしました受賞者には賞金として10万ユーロ(約1120万円)が贈られます。当時は経営難だったラフシモンズは「この賞のお陰で乗り切れた」と語りました。
ラフシモンズが受賞した6年後の2009年にはアレキサンダー・ワンが受賞したりと歴史こそあたらしいもののデザイナー成功の登竜門として有名です

2003S/S「消費者期」

ラフシモンズは2003年春の消費者文化に関する論を発表しました。「consumed(消費)」と題された主流の黒のコレクションは、ファッションの「買う、買う、買う」マントラに対する反論ではありませんでした。それはラフシモンズのやり方です。PlayStation 2、Canon、そして「Sun Bank」の企業ロゴと並んで、メンバーシップや抵抗などの言葉がTシャツに印刷されました。ショーノートには、ブランドは次のように書いています。


「これは黙示録的な終わりをもたらすかもしれないと提案する人もいれば、他の人、特に若い世代は新しい現実的で柔軟性のあるペルソナを創るための手がかりとしてこの現実を利用するのです。」

RafSimons2002SpringCollection ShowNote

それらの変化する個性は、巧妙なグラフィックを超えた服を着てランウェイを歩きました。ハーネスのようなベストはキャンプ風のポーチとタバコを入れるための特別なコンパートメントを持っており、ジャケットとズボンは実用​​的な感じで大きくカットされました。爆撃機のジャケットには、ぶら下がっているロープ、指輪、ひもが非常にたくさん付けられました。このコレクションは 芸術家アシュリービッカートンへのリスペクトが捧げられ、彼の自画像を含む、写真がプリントされた白い爆撃機ジャケットは、芸術家ピーターデポッターと共同で作られました。ほかにもモデルの首のまわりでぶら下がった黒い塗られたソーダ缶は印象的でした。

コレクションギャラリー

2003A/W「closer期」

via LN-CC
View this post on Instagram

#rafsimons #neworder #rafsimons2003aw

A post shared by Keith P G (@xxkpgxx) on

2004S/S「Waves期(宗教期)」

ドイツの小説家ヘルマン・ヘッセの小説「シッダールタ」をテーマにしたシーズン。シッダールタとは「釈迦」という意味です。なので「宗教期」と言われています。
プリントのグラフィックやストーンネックレスなど雰囲気の怪しい感じがなんとも言えませんね。

2004A/W

2005年: ジル・サンダーのメンズ&レディースのクリエイティブ・デザイナーに就任

2005年6月に、ラフシモンズはジルサンダーのクリエイティブディレクターに任命されました。今まではレディースラインのみの展開でしたがラフシモンズはジルサンダーのメンズコレクションもデザインしはじめ、ラフシモンズが退任した現在でもジルサンダーにはメンズラインが残っています。ジルサンダーに在籍している間、ラフシモンズはブランドの審美性を厳格なミニマリズムから移動させ、レディースウェアの普及ラインである「ジルサンダーネイビー」の創設によりその商業的魅力を拡大させました。

2005S/S

ラフシモンズは間違いなく紳士服の世界に変化をもたらしています。そして、このコレクションは彼のビジョンの力と独創性を強調するコレクションといっても過言ではないです。
急進的なパンク的なアイコンとスローガンに夢中になったラフシモンズは、黒、白、および淡いグレーの色合いに合わせたパレットを使用して、彼は贅沢なスーツとコートで彼の調整技術を表現しました。ぶら下がっているあぶみのズボンはシルエットをさらにスリムにしました。トリプルプリーツの革のズボン、じょうごの首のトップ、そして天使の羽のように浮かんだ巨大な白いコートは柔らかさを表現しました。ラフシモンズの新鮮なように感じられた素晴らしいショーを締めくくりました。
2005年以来、「Raf Simons」のファッション美学は変わりました。元アリーナオムプラスマガジンの編集者ジョアン・ファニアスは、「キーターニングポイントは、A/W(Waves)でした。純粋に形と形についての服になった。」と述べています。

コレクションギャラリー

2005A/W「 History of the world(ポルターガイスト)期 」

ラフシモンズは自らのショーを”私の世界の歴史”と呼んだが、ラフシモンズは彼の最新のコレクションで過去を再訪することをしませんでした。もっと正確に言うと、彼は昨シーズンについてだけ振り返りました。それは明らかにラフシモンズの新しい世界への出発点でしょう。
それから、秋にはシモンズは彼の鋭い未来的な感性を広げましました。そして、それは急進的な新しい形を受け入れます。プレゼンテーション自体は長年繰り返していましたが、それはゆったりとまとまったウエストラインやだぶだぶのズボンのトリミングジャケットのシルエットに注目を集めるという要点のみに絞った結果なのでしょう。
これらの紙袋のウエストの下では、幅の広い革製のコルセットベルトがポイントをさらに高めました。切り取られたフグとトレンチコートのハイブリッドと、切り落とされたトレンチのように見えるガンメタのダブルブレストジャケットも同様です。多くの服は軍服または制服のエッセンスを含み、1つの服は黒いズボン、黒いシャツ、黒いネクタイを組み合わせたものでした。特に彼のジャカードニットの肩と肘のパッドは確かにラフシモンズのデザインの本質的に挑戦的な性質を反映していました。そして、巨大な二重襟付きのシリングリングコートは、男らしさがありました。

コレクションギャラリー

2006年: 春夏から「Raf by Raf Simons」をスタート

この年の6月から「Raf by Raf Simons」が発売されました。さらに彼の経歴の最初の10年についての本「Raf Simons:Redux」をリリースします。出版物とともに、デザイナーの経歴を振り返ってイタリアのフィレンツェで開催されたPitti Immagine Uomoトレードショーで、ラフシモンズの作品の展示とアウトドアファッションショーも行われました。

2006Spring

ラフシモンズは、イタリアで最も有名な公園として広く知られているフィレンツェのボーボリ庭園での本、ビデオ回顧展、そして彼の最新コレクションのショーで、ビジネスにおける最初の10年間を披露しました。その舞台の古典的な壮大さは、ラフシモンズのコレクションであるイカロスのテーマをすべての彼の英雄的な切り離しで当てはめ、そしてほとんどの服は風通し、動き、そして服が空を飛んでいるような軽量感を持っていたといいます。例えばシャツやTシャツは、文字通り格子を介して開かれました。トップスは、彼が見せていたフルズボンに合わせて根本的かつ流動的に特大サイズになり、巨大なフローティングテールピース付きのフルレングスコートは、これまで以上に羽のように見えました。リネンは、ジャケットとトップスをリネンメッシュにして、洋服を通り抜ける空気のアイデアを大きく広げ、仕立てに異なる種類の構造を選びました。
ラフシモンズの家族の背景を反映して、色は軍用パレット内のようにガンメタル、スレート、黒と空軍を連想させる青、ならびに彼の最愛の鳩灰色をメインに使いました。そして、それらの巨大なズボンは昨シーズンから帯をなくして来ましたが、それは侍(剣闘士のサンダルのように見える靴を身に着けている)を簡単にイメージさせました。

コレクションギャラリー

2006Autumn

パリの近代を記念するミッテラン大統領の記念碑であるラ・デファンスの屋上は、デザイナーが過去に探し求めてきたような場所でした。舞台裏では、非常に集中していて、黒、白、そしてグレーのパレットに蒸留されたショーの後、彼は「私は本当にファッションを見せたかった!」と怒鳴ったといいます。
リブ編みのニットウェアのオープニングサルボから巨大なパッド入りジャケットへのダッフルコートなどのアイテムを発表しました。
ボリュームがこのコレクションの鍵でした。ラフシモンズは過去数シーズンにわたり、サムライが履くような袴のようなサイズのズボンを試していましたが、この秋のシーズンはズボンを全部スリムにして強調しました。首はファンネルカラーや喉周りに集中したフードに特に焦点を当てました。これは若いモデルの顔をロマンチックに彼らの若さを際立たせる効果をもたらしました。

コレクションギャラリー

2007Spring

Raf Simonsは「楽しい気分だよ」と彼は舞台裏で言いました。狭いシルエット、ノースリーブのトップスなど、多くの要素を取り入れたショーでした。
フロートコートの浮遊量が、David LynchのDuneのアストラルパイオニアが身に付けていたものと似ていることからも明らかです。しかし、この先見的で切実なデザイン心を最も明確に示したのは、ショートパンツに対するラフシモンズの強迫観念ともとれる思想でした。ショートパンツは常に男子生徒に関連付けられます。そしてそれはユニフォームのように見えたスーツで、ラフシモンズが始めたことです。それからショーツはラップ、ウエストバンド、そしてプリーツを含むスタイルステートメントに変貌しました。
ひとつの壮観な要素を取り上げてそれを解体して再構築することは、ラフシモンズが好んで取り組みます。そして、どういうわけか一貫して魅力的なものにすることができるのです。これが天才デザイナーと言われるワケなのかもしれませんね。
この秋、このショーのステージングも魅力の一部でした。

コレクションギャラリー

2007A/W

若いイギリス人彫刻家、コンラッド・ショークロスによる作品は、催眠術をかけてラフ・シモンズのショースペースの中心で回転しました。そしてショーの後、ラフシモンズは「手は未来の形を作り出すのに重要である」と述べました。

今回のデザイナーの目的のひとつは、伝統的なものをより現代的にすることでした。ツイードコートが縫い目の下にジッパーで開いてナイロンの下敷きを現しました(おそらくそれはラフシモンズがしばしばアウターウェアの中で天使たちを呼び起こしたためであるが、折り畳まれた翼を示唆した)。リブ付きのブルーグレーのカーディガンコートが真っ黒なライクラのロールネックを包みました。そしてすばらしいウールのジャケットは、まるで宇宙のように艶をかけられていました。

2008年:東京と大阪に出店、多くのコラボレーション

2008年にはアメリカのアーティスト「スターリング・ルビー」、「ロジャー・ヒオールズ」とのコラボレーションにより「Raf Simons」の独立型店舗が東京と大阪にオープンしました。
さらに同年、2008年にはイギリスのブランド「フレッドペリー」、アメリカのカジュアルバッグブランド「イーストパック」、「リンダファロー」と共同で制作したサングラスも発表しました。

2008S/S

彼のインスピレーションは バックパックを持っている海外旅行者の部族、その好奇心、エネルギー、そしてオープンマインドでした。従来のボリュームとプロポーションは廃止されました。Tシャツは腿の中央に落ち、セーターは膝に落ち、袖にはさまれたひも、ズボン、そしてズボンの脚は新しいシルエットを生み出しました。ショーツ(バックパッカーのシグネチャーアイテム)は対照的なファブリックの2層に再構成されました。同様に、バックパッカーのハイキングサンダルは、モンドリアンによってデザインされたかもしれないカラーブロックされたブーツとして再調整されました。
色合いの強いハイテク織物がテーマを反映しています。そして主なアクセサリーは衣装とカラーコーディネートされた巨大なバックパックでした。

2008A/W

「アース」は実際にラフシモンズ本人が使った言葉です。それは、地層のように見えるように織られたパターンと、灰色の濃い色調をアクセントにしたオレンジに、ウールスーツのジャケットに適用されました。炎からの鳳凰のように、同じ強烈な色合いが灰色の裾から燃えるような肩まで上向きに整えた別のジャケットに組み込まれました。
腰のまわりに束ねられ、しわにされたジャケット、ワイヤード・シャットダウンを持つ別のジャケット、あるいはMark Rothkoの絵のように見えたセーターもコレクションの一部です。

コレクションギャラリー

2009:asicsとのコラボレーション

意外と知られていないこのコラボ。日本発のスポーツブランドのアシックスとラフシモンズのコラボレーションが2009年にありました。その時のスニーカーはラフシモンズのスニーカー図鑑にて掲載しているので興味ある方は見に行ってみてください!

2009Spring

「すべてに亀裂がある、それは光が入る方法です。」ニューヨークの芸術家クリストファーウールのスタイルを使用して、ラフシモンズは彼が最新のショーを上演した教育機関の中庭でその言葉をステンシルにかけました。彼はまた、繊細なフリンジのように色のついた糸がついているように、上に刺繍しました。コーエンとウールだけでなく、ラフシモンズはロバート・ライマンを心に留めていました。「彼ら全員物事のわずかな進化に人生を捧げるアーティスト」。それは細部へのこだわりの注意を促す感性であり、ラフシモンズはぴったり合っています。
彼はタキシード、そしてオールインワンを残して袖と足を切り取った。それから彼はチョッキ、ジャケットを加え、そして最後にスーツ自体に戻って、この基本的なバックアップを作りました。それは厳密なデザインにおけるまるで催眠術、強迫運動でした。ラフシモンズ自身が言ったように、今シーズンのメンズコレクションのランウェイを支配してきたのは、「反パジャマ」いわゆる超現実的な服装の対立性でした。
同様に魅了されたのは、服の質感に取り組む努力でした。手作りの紙のように強く押されたような生地は実際に刺繍されました。ツイードのように見えたものもも同様でした。そして、ラフシモンズが昨シーズンに衝撃的に手掛けた刺繍のデグラデ効果は、濃い塊のフィラメントがゆっくりと暗くなってから体を照らすようにゆっくりと溶けたスーツで再構築されました。

コレクションギャラリー

2010S/S

https://www.youtube.com/watch?v=bsOEl503KGY

2010A/W

2011年: 「Raf by Raf Simons」終了と「RafSimons1995」の展開

2011年には、「Raf by Raf Simons」が「Raf Simons 1995」に置き換えられました。これは、ラフシモンズの初期コレクションの要素を組み込んだ拡散ラインになります。さらに「Raf Simons1995」は毛布やクッションといった家庭用品も扱うラインとなりました。

2011S/S

ラフシモンズが初めて見たファッションショーは1991年のマルタンマルジェラの3回目のコレクションでした。ラフシモンズはとても感動し、泣いてしまいました。その感動から彼はファッションデザイナーになりたいと決心しました。
そして彼にとってパリの15周年記念ショーが今夜その感動をしたマルタンマルジェラの3回目のコレクションのリスペクトを含めたオマージュとして発表しました。
彼が袖のような超流動性を取り除いた仕立ては、ラフシモンズの合図です。白、濃い色、そしてスポーツに焦点を当てたコレクションを行いました。生地の水たまりで終わったズボンは古いショーからのものであり、そして彼が展開した写真のコラージュは別の長年の共同制作者、アントワープの芸術家/作家ピータード・ポッターの作品でした。
モデルのキャスティングですらマルタンマルジェラへの尊敬が影響してました。それがこのコレクションの基本となります。
ラフシモンズがどれだけマルジェラを尊敬していたのかがこのコレクションでわかります。天才に尊敬された天才デザイナーマルタンマルジェラのすごさも同時に感じることができるコレクションです。

2012A/W

このコレクションは軽くコートを背負う、継ぎ目をなくして肩を丸くする、またはジャケットを箱詰めにした、シルエットの中のオートクチュールに対するデザイナーの継続的な魅力についての提案がありました。ラフシモンズが最初から話していた考えは、ラテックストップを包むラクダコートで明白でした。同様に、細長いニット、コート、そして特大のチュニックを着色した鮮やかな色合い。オレンジ色の一例は背中をトグルで閉じ、裏側はダッフルです。ダッフルコートとパーカーはこのコレクションの礎石でした。

2012年: ジル・サンダーのクリエイティブ・デザイナー退任、クリスチャン・ディオールのクリエイティブ・ディレクター就任

ジルサンダーのクリエイティブディレクター退任後の同年2012年4月、ラフシモンズがジョン・ガリアーノに代わってDiorのクリエイティブディレクターに就任することが発表されました。しかしながら、ベルギーのデザイナー「クリス・ヴァン・アッシュ」がDior hommeのクリエイティブディレクターとして残ったため、ラフシモンズはメンズウェアコレクションのデザインはしませんでした。
オートクチュール2012年秋冬のラフシモンズ最初のコレクションは、クリスチャンディオールの有名なシルエットで遊ぶことによって1950年代に焦点を合わせた Aライン、Hラインとバージャケットは好評でした。
ラフシモンズは、「90年代に感じたものに感情を取り戻すことを目指している」と語たりました。
2014年、フレデリック・チェンは、ディオールの最初のクチュールコレクションを制作したときのラフ・シモンズについて ドキュメンタリーを書いて監督しました 。それが「Diorと私」という映画です。

2012S/S

彼が2004年に彼らに上演したショーは彼の最高の一つとして記憶に残っています。今夜、歴史は繰り返されました。 かつて銀行の信用リヨンの本部だった建物のエスカレーターでモデルが上下しています。ショーへの機械的な恩恵は、ラフシモンズの作品にとって重要な一連の均一性を強調していました。
このコレクションの発表で最も印象的な要素は、万華鏡のような模様にハサミで飾られた格子縞の視覚的ダイナミズムです。

2012A/W

2013年: アディダスとのコラボレーション

2013年、アディダスとのコラボレーションライン「adidas by Raf Simons」を発表 しました。以降、スニーカーヘッズを魅了し続け、さらにはスニーカーシーンに大旋風を巻き起こすスニーカーも誕生させます。さすがはラフシモンズ、常に先鋭的で最先端のコレクションを披露してきた天才だと思わされます。

2013S/S

2013A/W

via Supreme

2014年: Raf Simons x Sterling Ruby

via RSVP Gallery

ラフ・シモンズ自身が以前より尊敬していると語っていたスターリングルビーとの念願の共同ブランド。RAF SIMONS / STERLING RUBY LIMITED EDITION。この画像、ぱっと見。トラヴィス・スコットだとは気づかない変顔?不意打ちなワンショットです。COOLなアイテムより真っ先にトラヴィス・スコットの顔に目が行きますが。間違いなく恰好良いコラボブランドです。

Raf Simons x Sterling Ruby ショーのワンショットです。セットはルビーが仕掛けた見ごたえのある2014のショー。このトレンチも今となっては超レアなアイテムです。現在のリセール市場であれば300万を超える価格ぐらいで取引されるであろう希少性です。

2014S/S

2014A/W

2015年: ディオールのクリエイティブ・ディレクターを退任

ラフシモンズは2012年4月からの3年半、Christian Diorのクリエイティブ・ディレクターを務め2015年10月22日に辞任しました。ある声明の中で、ラフシモンズは「自分のブランドや自分の仕事以外に私を駆り立てる情熱を含む、私の人生の他の興味に焦点を当てることが完全に等しく平等に基づく決断である」と述べました。
ラフシモンズとDiorの別れは多くの人にショックを与えましたが友好的な別れだったと報告されました。

2015S/S

2015A/W

2016年: カルバン・クラインのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任

2016年8月2日、カルバンクラインはチーフクリエイティブオフィサーとしてラフシモンズの任命を発表しました。
ラフシモンズは、カルバン・クラインコレクション、カルバン・クライン プラチナム、カルバン・クライン、カルバン・クラインジーンズ、カルバン・クラインアンダーウェア、カルバン・クラインホームの各ブランドにおいて、カルバン・クラインの創造的な戦略をグローバルにリードしています。ラフシモンズは、チーフクリエイティブオフィサーとしての役割の一環として、デザイン、グローバルマーケティングおよびコミュニケーション、そしてビジュアルクリエイティブサービスのすべての側面を監督します。また同時にラフシモンズがNYでショーを開催することを明言しました。
これはカルバン・クラインがNYに拠点を置いているのが理由だといわれています。
カルバン・クライン社のCEO、スティーブ・シフマフは、次のように述べています。この決定がカルバン・クラインブランドを後押しし、その将来に大きな影響を与えると確信しています。ラフシモンズの並外れた貢献は、今日見ているように、ファッションを形作り、現代化し、そして世界をリードするライフスタイルブランドにするでしょう。」
ラフシモンズがかかわった最初のコレクションは、2017年秋シーズンにデビューしました。

2016S/S

2016A/W

2017S/S

2017A/W

2018:カルバン・クラインのチーフ・クリエイティブ・オフィサー退任

2018年12月、Calvin KleinとSimonsは、Calvin Kleinが「Simonsとは異なる新しいブランドの方向性を決定した」という創造的ビジョンの後、「友好的に別れを告げる方法である」と発表しました。ラフ・シモンズ退任の裏側、そしてラフがカルバンクラインの新しいビジョンをあのアンディ・ウォーホルの作品をアイデアにイメージしていたことなど下の記事に詳しくご紹介しております!

2018S/S

2018A/W

2019年:2つのコラボレーションの発表

まだ2019年も始まって間もないですが「adidas by Raf Simons」ではブーツの外側にはアールヌーボー調の額縁に収めた無名の女性の白黒写真をフィーチャーした女性パンクロッカーのパッチを貼り付けたデトロイト・ブーツが、「EASTPACK」ではニューヨークに拠点を移したラフシモンズが、ニューヨークとその70年代、80年代のパンクロック文化から受けたインスピレーションが反映されたバッグが販売されました。

2019S/S

おまけ

著名人にもラフシモンズのファンはたくさんいます。リアーナをはじめ、ケンドリックラマー、トラビススコット、フューチャー、エイサップロッキーなど様々なミュージシャンから人気があります。
特にA$AP MOBとして知られている人気のニューヨークを拠点としたラッパーグループは、2017年にクァボ、プレイボーイ・カルティ、リル・ウジ・ヴァート、フランク・オーシャンをフューチャーした”Raf”という曲をリリースしました。

このPVの構図、実は2005AWのコレクション映像のパロディなのです。
さらに最初のたいまつを持っているシーンも2002SS「テロ期」のパロディだったり。
当時を知っている方も、ASAPからラフシモンズのアーカイブを知る方も楽しめる素晴らしいパロディですね。

一連のファッションアイコンの着用の裏にはフィクサーの存在が!?

https://www.instagram.com/p/Bt1Hw8MFFi2/

それがDaivd Casavant(デビッド・カサヴァント)という人物。
弱冠27歳の彼がファッションアイコンたちに衣装提供をしているのです。
デビッド・カサヴァントは10代の頃からRAF SIMONSやHelmut Langなどのアーカイブ品を収集しはじめ、そのコレクションは1000点以上にものぼるといいます。

総括

ラフシモンズの2000年から現在までの活躍いかがでしたでしょうか?
常にファッション業界のトップをひた走るラフシモンズは多くのトップメゾンにも多大な影響を与えています。この記事を見れば過去のアーカイブの再燃もうなずけます。
マルタンマルジェラから影響を受けてラフシモンズがデザイナーの道を進んだように彼のこれまでのファッション業界にもたらした偉大な功績を考えれば彼に影響を受けてまた新たなデザイナーも出てくる可能性は極めて高いと思われます。今後のラフシモンズの活躍はもちろんですが新たなデザイナーや業界自体の動きにも目が離せないです。

関連記事

Please comment here

Loading Facebook Comments ...

Leave a reply:

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Site Footer