THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)創業からの歴史

“Never Stop Exploring(探検をやめるな)”

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)がこのスローガンを掲げてから50年が経ちました。

今では見かけない日はない、というほどに、ノースフェイスは街の風景に溶け込んでいます。

世の中の人々から高い支持を受けるノースフェイスですが、その歴史や背景を知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。

ファッションとしても確固たる地位を築いているノースフェイス。

しかしその実態は、ただのファッションブランドではありません。

本物のアウトドアブランドなのです。

創業からの約50年間、 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) はどのような探検をしてきたのか。

今回はノースフェイスの歴史についてご紹介します。

THE NORTH FACEの誕生

1966年、サンフランシスコのノースビーチ地区コロンバスストリート308番地にて、THE NORTH FACEは誕生しました。

創設者の名前はダグラス・トンプキンス。

彼は自然を愛するアウトドアフリークでした。

トンプキンスは12歳の頃にロッククライミングに出会い、そこからスキーや登山に目覚めていきます。

17歳を過ぎた頃にはアンデス山脈でのスキーに明け暮れ、それから数年後にはヨーロッパや南アメリカでスキーレースやロッククライミングをして過ごしました。

自然を愛するトンプキンスが設立したノースフェイスは、ロッククライミング用品とキャンプ用品の販売店として、その歴史をスタートさせました。

“Never Stop Exploring(探検をやめるな)”

創業と同時に掲げたコンセプトの通り、THE NORTH FACEとしての探検が始まったのです。

スリーピングバッグやバックパック、登山用テントなど、販売した製品はどれも良質なものでした。

1968年:トンプキンスは株式を売却

ノースフェイス創業から2年後の1968年、トンプキンスは株式を売却し、ノースフェイスを離れ、アドベンチャーフィルム撮影という新たな探検へと旅立ちます。

ノースフェイスを引き継いだのはケネス・ハップ・クロップでした。

トンプキンスからハップへとノースフェイスが引き継がれた同年に、新しいロゴマークが作成されます。

ヨセミテ公園のハーフドームの北壁をモチーフとした3本ラインのロゴマークです。

3本のラインは世界三大北壁である、スイスのアッガー北壁とマッターホルン北壁、フランスのグランジョラス北壁を表しています。

北壁からのアプローチは、どんな山においても最も過酷なルートとされています。

過酷な北壁をモチーフにすることで、ノースフェイスの装備品はどの既存品よりも先に進んでいることを表しているのです。

トンプキンスからハップへと受け継がれ、新しいロゴを手に入れたTHE NORTH FACEは、この時から数々の名作を世に送り出していきます。

良質なアウトドアギアで人々を探検へと導く

信頼の起源 スリーピングバックの誕生

これまで数々の良質なアウトドアギアを世に送り出してきたTHE NORTH FACE。

そのルーツとも呼ぶべき製品がスリーピングバッグです。

ノースフェイスが発表したスリーピングバッグは、高品質なだけはなく、最低何度の気温まで快適に使用できるかという「最低温度規格表示」を明記しました。

明確な数字を開示することにより、ノースフェイスは消費者から信頼を得ることに成功したのです。

1966年:ノースフェイスのダウンジャケットの起源ともいえるシェラ・パーカーを発売

今や、ノースフェイスの顔ともいえるダウンパーカーが1966年に初めて発売されました。今や、世界中でアウトドアフリークのみならずストリートファッションの愛好家たちをふくめ多くのファショニスタを魅了しています。

シェラパーカーはシェラデザインズ社が製造し卸していた!?

ノースフェイスのダウンジャケットの起源ともいえる、シェラパーカーは実は1963年にジョージ・マークスとボブ・スワンソンは、アメリカ・カリフォルニア州バークレーのスキーショップ「スキーハット」 で働く同僚でした。

彼らは1965年、アウトドアビジネスに参入するために独立します。その時に、一番最初に作った製品こそがシェラパーカーでした。そして、1966年に彼らの最初の卸売りの顧客になった会社こそが今や世界一のアウトドアブランドとなった『THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)』でした。

1969年:最初のヒット商品 ルースサックの登場

1969年には「軽くて、シンプルに」をコンセプトにしたルースサックが誕生します。

店舗の敷地の半分を工場にして、ノースフェイスの作られたルースサックは、インナーアルミフレームを採用してデザインされました。

重量があり機能性の低い外部フレームを使用していた従来のバックパックに、高い機能性がもたらされました。

軽くて機能性の高いノースフェイスのルースサックが登場したことにより、世界中のアウトドアフリークはより快適に自然を楽しめるようになったのです。

ルースサックはノースフェイス最初のヒット商品となりました。

1975年 :世界初ドーム型テント オーバルインテンション

1975年、伝説とも呼ぶべき製品が誕生しました。

当時の主流であったA型テントに革命をもたらす、世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」です。オーバルインテンションを伝説と呼ぶべき理由として、ふたつのストーリーが挙げられます。

ひとつ目 のストーリー: 「20世紀のレオナルド・ダヴィンチ」と称されたバックミンスター・フラーとの出会い

「20世紀のレオナルド・ダヴィンチ」と称されたバックミンスター・フラーとの出会いです。

フラーは建築家でありながら、デザイナー、哲学者と、様々な顔を持つ博士として知られていました。

多才なフラーが提唱した、「ジオデシック理論(大円上の2点間の最短距離からなる総三角形化)」と、「テンセグリティ理論(真の構造は連続した張力が不連続な圧縮力を統合する相互作用〈シナジー〉からなる)」のふたつの理論に基づいて、オーバルインテンションは開発されました。

このふたつの理論は、「生物の卵はすべて球形。これは球が外部の力に対して最も強い形だからにほかならない」という内容のものでした。そしてこの理論を立証する出来事が、オーバルインテンションを発表した翌年に起こります。

ふたつ目のストーリー: パタゴニア遠征での暴風雪

1976年、パタゴニア遠征に出向いていたイギリス・カナダ合同隊は、時速200kmとも言われる暴風雪に遭遇します。

従来のA型テントが次々と暴風雪に飛ばされる中、ノースフェイスのオーバルインテンションだけが飛ばされずに、隊員の命を守りました。

この出来事がきっかけでフラーの提唱した理論は立証され、テントの主流がA型からドーム型へと移っていったのです。

当時の常識を覆し、現代まで続く、確かな機能性に基づいたデザインとなったオーバルインテンションは、伝説と呼ぶにふさわしい製品となりました。

1977年:バックパック、ウェアの成功

1977年にはフレームパック「マジックパック」が誕生します。

アルミ合金製のアウターフレームを持ち、腰に強化樹脂製のフレキシブルサスペンションを備えた、現代でいうところのサスペンションシステムのルーツとなるモデルです。

バックパッキングブームだった当時に、機動力が上がる画期的なアイデアとして、マジックパックは人気を得ました。

また、同年にはGORE-TEX素材をアウターウェアシリーズに取り入れ、世界初のドライで通気性のある全天候型のアウトドアの制作にも成功しました。

ノースフェイスはスリーピングバックに始まり、バックパック、テント、ウェアと、アウトドアギアとしての確かな機能を持つ製品を次々と発表し、世界中のアウトドアフリークから高い支持を受け、探検の可能性を広げていったのです。

世界中のファッションシーンを席捲

高機能アウトドアギアとして限界を次々に超えていくノースフェイスの魅力は、その機能だけに留まりません。

ファッション性においても鮮やかな輝きを放ちます。

1985年:マウンテンジャケットの登場

始まりとなったのが、1985年に発表したマウンテンジャケットです。

GORE-TEXの防水機能を取り入れ、心地よさと動きやすさを追究したスキーウェアとして登場したマウンテンジャケットは、アウトドアフリークから歓迎されました。

そのデザインは秀逸で、2色の切り替えデザインを採用した見た目は、確かな機能性を持ち合わせながらどこかスタイリッシュで、現代でも変わらず人気を得ています。

1990年代の象徴 ヌプシジャケット

1992年に発売されたヌプシジャケットは、ファッション分野においてのノースフェイスの地位を確立させるものとなりました。

エベレスト西南に連なるヒマラヤ山脈の標高7,861mの山、Nuptse(ヌプツェ)にその名が由来しているヌプシジャケットは、極寒の地でも優れた保温性を発揮します。

寒冷な地で快適に過ごす定番ジャケットとなったヌプシジャケットは、機能性とデザインでファッションの分野でも注目を浴びます。

世界の流行の最先端の地ニューヨークにおいて、ヒップホップを愛する若者たちから絶大な支持を得ました。

ニューヨークのコレクター、ジョーイ・ワンズ氏

ニューヨークのコレクター、ジョーイ・ワンズ氏は、ヌプシ誕生25周年インタビューで、ノースフェイスのアイテムは基本は山のためのものとしながらも、ニューヨークの厳しい冬にはヌプシジャケットの存在が欠かせないということを述べています。

https://www.instagram.com/p/BgXFA03HVk9/?utm_source=ig_web_copy_link
https://www.instagram.com/p/ByNx1HChNVj/?utm_source=ig_web_copy_link

ノースフェイスは1990年代のヒップホップシーンを象徴するひとつのアイコンとなりました。

2000年には数々のファッションブランドを持つVFコーポレーションの傘下になり、その後様々なブランドとのコラボレーション製品を発表するなど、ユーザーの幅を広げることに成功します。

プリズンブレイクで活躍したウェントワース・ミラー氏も愛用

成長を続けたノースフェイスは、現在では世界最大級のアウトドアブランドとして、アウトドアフリーク、ファッションフリークの境界を越え、世界中から愛されているのです。

終わりに

現代のファッションシーンにおいて世代を問わず絶大な支持を受けているTHE NORTH FACE。

その歴史は自然を愛するトンプキンスから始まり、ハップへと受け継がれ、本物のアウトドアギアとして続いてきました。

そしてこれからも、その歴史は続いていくはずです。

ブランドの歴史を知るだけで、途端に身に着けるものにも愛着が湧いてきます。

かっこいいデザインと圧倒的なブランドバリューを持つノースフェイスには、自然と人とを繋ぐ確かな高機能が備わっています。

街だけで済ませるにはもったいない。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) と一緒に、自然へと出かけてみましょう。

きっとその行動は、探検となり、心を震わせてくれるはずです。

関連記事

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)を含め。世界中のダウンジャケットの人気ブランドを含め、ダウンジャケットの起源とその誕生の歴史をご紹介しています。この記事では、沢山の新しい発見がありますが。最初のダウンジャケットは実はエディーバウアーではなかったり。

かなり早い段階から、女性向けのダウンコートが実はリリースされていたりという点は全く知らなかった事実でした。これから、ますます冷え込み秋服・冬服になるにつれてダウンジャケット、ダウンコート、ダウンパーカーの季節になりますので是非その歴史を知ってお洒落と一緒に楽しんで下さい。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください