【2019年最新】オールデン(Alden)タッセルローファー 全モデル&コーデ特集

オールデン(Alden)のタッセルローファー(Tassel Loafers

オールデン(Alden)タッセルローファーブランドの代名詞とも言える程の定番商品だ。国内の大手セレクトショップでも幅広く取り扱いがあり、別注モデルも多数あるだろう。現在アメリカ本国で展開されているモデルも当然別注モデルが多く存在しており、残念ながら日本国内では入手ができない非常に希少なモデルも存在する。

ここではオールデン(Alden)で正式に取扱われている タッセルローファー 達を最初に紹介していこう。

コードバンモデル

  • 563 カラー8シェルコードバン
  • 664 ブラックシェルコードバン

出典:Alden of New England

ラスト(木型):アバディーンラスト

カーフスキンモデル 

  • 561 ダークブラウンカーフスキン
  • 660 ブラックカーフスキン
  • 662 バニッシュドカーフスキン (明るめのブラウン)
  • 663 バーガンディカーフスキン

出典:Alden of New England

ラスト(木型): アバディーンラスト

スウェードレザーモデル

  • 666 ブラウンスウェード

出典:Alden of New England

ラスト(木型):アバディーンラスト

最初のタッセルローファーは『スウェードレザーモデル』

出典: Ealdwineraleigh

起毛感のあるスエード(スウェード)レザータッセルローファーはオールシーズンの活躍が見込める事だろう。何よりコードバン程デリケートな素材を使用している訳でもなく、雨の日でもラバーソールに張り替えて置くことで気軽に使用できるのが魅力的だ。カジュアル色が強い為、ビジネスでの使用は避けたいところだが多くのファッションコーディネートで強い味方になってくれるローファーの1つであることは間違いない。

また、カーフスキンよりも履き皺が出にくいのも特徴の一つだ。コストにも優れており、場合によってはカーフスキンを使用したモデルよりも2割程プライス面で優れている場合もある。スエード(スウェード)レザーは靴に限らず、アウターや鞄でもエントリー向けの素材なので是非一度は手に取って欲しい。

春はノームコアスタイルがトレンド

近年のトレンドスタイルでは、ノームコアなどの絶妙なサイズ感と色使いを意識したシンプルな装いが定番化しており、分かり易い例では大手ファストファッションブランド『UNIQLO(ユニクロ)』のデザイナーズライン『Uniqlo U (ユニクロ ユー)』などが筆頭だろう。

オールデン(Alden)タッセルローファー はノームコア系ファッションなどのシンプルな装いで大きく貢献できるエレガンスを秘めている。パステルカラーといった淡い色が主体となる春先のコーディネートに、大きく遊びを効かせる事ができるのは魅力的だ。

気取らないシンプルスタイルがウケ抜群

出典:WEAR

シンプルなドレスシャツに黒のテーパードボトムスと、 タッセルローファー を合わせただけという非常にシンプルなスタイリングが目を引くコーディネート。春や夏は寒暖の差が激しい時期なので、スプリングコートやジップアップのパーカーのようなライトアウターなどがあると良いだろう。

タッセルローファー のタッセル(飾り)は飾り気の無いシンプルスタイルにアクセントとして優秀だ。ラフにボトムアップを施して足首を晒すだけで大人の男性としての色気を出せる。ここで過度なアクセサリー類を身に付けてしまうと途端に”胡散臭さ”や”成金感”といった嫌味感が出てしまうので注意しよう。

このコーディネートそのものはとてもシンプルな印象だが、白シャツと黒ボトムスの組み合わせはモノトーンな配色がドレス寄りの印象を与えるので、チープカシオでカジュアルダウンしてあげると前記の嫌味が少なく女性受けは良いかもしれない。

さりげなさがハイレベルなモノトーンコーデ

出典:Pinterest.jp

こちらも先程と同様に飾り過ぎないシンプルスタイル。このコーディネートのポイントは誰が見ても嫌味にならない様、”さりげなく”ラグジュアリー感の強いアクセサリーを着用している事だ。秋や冬でも活躍する定番の綿素材テーパードボトムスは季節感の引算をするかのようにクシャっとボトムアップした。

少し独自なカッティングシルエットが特徴のカーディガンがモード感すら漂わせているが、 個性的なアイテムが逆に癖の非常に強いラグジュアリーアイテム達への視線を逸らして、さりげなさを演出するのに一役買っている。また、ボトムアップによるタッセルローファー の見せ方もテクニカルだ。

コーディネートへのテクニックが非常にハイレベルに纏まっており、工夫をする事で普段使いの難しいアイテムも個性の一つにできるオシャレの見本とも言えるスタイルだ。

春に履くべきタッセルローファー

出典:BROGUE
  • シェルコードバン(563、664)

ホーウィン社製シェルコードバンはキングオブコードバンと言っても良い美しさが出ている。このコードバンはエイジングによる経年変化でより一層輝きを増すが、春の陽気に照らされたコードバンのは紳士の足元に相応しい厳格さを備えている。しかし、 タッセルローファー である事がスーツではなく、カジュアルスタイルに合わせられる理由に他ならない。

オールデンは高級紳士靴の代表格だが、太陽の下に誇らしく輝くコードバンはそんな事すら忘れさせ、一度外を歩けば道行く人々の視線は間違いなく釘付けになるのではないだろうか。春にこそコードバンの”相棒”で外に繰り出してみて欲しい。

夏はビーチ感がマストなサマースタイル

夏にこそチャレンジしたいビーチスタイルには、適度なヌケ感と清涼感がコーディネートに求められる。生憎 タッセルローファー にはコーディネートをドレスアップしてくれる要素が強い為、アイテムの配色と素材感を意識するだけで二つの条件を簡単に満たせる。主軸となる色はパステルカラーをおすすめしたい。

夏の風物詩、アロハシャツといったアイテムとの組合せもとても面白い物になるだろう。夏はコーディネートの基本であるカジュアルとドレスのバランスを意識するのではなく、ドレスとビーチ感のバランスを意識するだけで上品かつ大人なスタイルを構築しやすい。

古着とローファーで都会的なリゾート感を演出

出典:WEAR

古着のアロハシャツローファーが目を引く何ともモダンなサマースタイルだ。夏にありがちな主張の激しい過剰なアクセサリー類も着用せず、アクセントとして調和しているのは評価したい部分だ。古着のアロハシャツは基本的に一点物扱いなので、オールデンのラスト(木型)同様自分の趣向に合ったデザインを見つけたら是非入手して欲しいが 、 出会いもあれば別れも然り。

日本好みのモノトーンを基調にした色使いの為、モード寄りの空気も感じるところだが、短パンハーフパンツとアロハシャツの柄、インナートップスにオフホワイトカラーのTシャツという組合せでリラックスしたスタイリングを表現している。

夏に相応しいナチュラルカラーのジャケパンがラフスタイリング

出典:Pinterest.jp

地中海を彷彿とさせる明るい色遣いのジャケパンスタイルが非常にイタリア人らしさ全開だ。このラペル幅が狭いスポーツ感のあるテーラードジャケットは『eleventy(イレヴンティ)』や『LARDINI(ラルディーニ)』のようなカジュアルスーツを手掛けるメーカーらしさを感じられる。

イタリアのスーツは近年スポーツテイストのあるスーツがトレンドであり、 タッセルローファー が良く映えるコーディネートが作りやすいのだ。このコーディネートでは日本の夏では考えられないようなインナートップスを着用しているが、速乾性の高いポケット Tシャツ でアレンジしてしまっても問題ない。

テーラードジャケットとハーフパンツの組合せは、高級リゾートの紳士らしさが引き立つ合わせ方だが、日本国内では少々エレガント過ぎるのでカジュアルアイテムでドレスダウンしても良いだろう。

夏に履くべきタッセルローファー

出典:BROGUE
  • スウェードレザー(666)

スエード(スウェード)レザー 特有の素材感が太陽光の過度な反射を抑える事で、 タッセルローファー そのものが悪目立ちせずにコーディネートの全貌を一つのスタイルとして見られやすい為、纏まりのあるスタイリングとして評価されやすい。また、スリッポンタイプであるので非常に脱ぎ履きが楽な部分も参考にして欲しい。

メンテナンスが比較的簡単な事、プライスから見て他のモデルに比べると入手が容易である事も加味すれば タッセルローファー は自ずとオールデンの入門用としての価値も高い。

秋は色使いを駆使したカジュアルコーデを意識

気温が下がり始めると、ニットの類やスウェットシャツなど軽く羽織れるアイテム達が活躍する頃だろう。モノトーンコーデなどの色合いが薄い配色のコーディネートが広く普及しているこのご時勢だ。一通りコーディネートをスタイリングしてみたものの、何となく地味な印象になりがちな事も多い。

オールデンのシューズ達はそんな地味な印象すらドレッシーに格上げしてしまう魅力的なマテリアルだ。しかし、それだけでは靴に着せられている印象が強くなりがちなのも事実。コーディネートの印象が薄くなりがちな秋や冬にこそ、敢えてアイテムの配色に気を使うべきだろう

ブラウンのテーパードボトムスがデニムを格上げ

出典:WEAR

LACOSTE(ラコステ)』の美麗シルエットが目に刺さるテーパードボトムスがデニムジャケットと タッセルローファー のバランスを上手く融合させており、明るめのブラウンという古き良きアメリカのワークスタイルを思わせるカラーデザインが秋にピッタリだ。

首元のネッカチーフとソックスの色を合わせて、主張が強い色合いのボトムスを中和させるように気を遣っている所は日本人らしさを感じるテクニックだ。気取らず、主張し過ぎないのは街に上手く溶け込めるコツでもある。

ベージュジャケットデニムの合わせ方がスポーティー

出典:Pinterest.jp

適度なウォッシュの入ったストレッチデニムとコットン素材のテーラードジャケットが典型的なイタリアンカジュアルなスタイリング。カフェでジャケットを脱ぐと、インナートップスのダンガリーシャツとデニムパンツでかなりワークテイストになるが、ネイビーベストを合わせる事で途端にイタリアの伊達男色が強く表れる事だろう。

足元のスウェード素材の タッセルローファー が何ともニクイ合わせ方だが、アイテム選びの卓越したセンスがドレス感よりもスポーティー感を強調している。秋コーデのナチュラルカラーとしても活用できるベージュのテーラードジャケットは夏の季節でも十分活躍できるマストアイテムだが、もし日本の秋に活用するのならば季節感を強く主張できると良いかもしれない。

秋に履くべきタッセルローファー

出典:BROGUE
  • カーフスキン(561、660、662、663)

オールデン(Alden)タッセルローファー で展開されているモデルの中で、カーフスキンは最もオイルを含みやすいモデルだろう。癖のない艶感とスタンダードな合わせやすさが特徴で革靴と言えば、カーフスキンを使用したモデル全般を指す事になる。手入れについても基本的に日頃のブラッシングと、シーズンの切り替わりに古い油分を新しいクリームで入れ変えるといった簡単なメンテナンスで十分だ。

また、幅広く普及している素材でありながらも、オールデンに卸される革質はハイグレードなマテリアルばかりなので安心して購入できるクオリティだ。秋には画像の『 662 』 レンガのような色が 特徴的なオールデンが差し色になりそうだ。

冬は素材感が出やすいアイテムと

近年ファストファッションブランドが、化学繊維をふんだんに使用した防寒インナーとも言えるようなシャツを多く展開している。一枚着るだけで過ごしやすさに極端な差が出るこのインナーの機能性のおかげで、コーディネートの幅が非常に広がったとも言える。例えば、冬の定番ざっくりと編み込まれたニットは、素材の雰囲気も相まって暖かさを全面にアピールできるベースアイテム。

しかし、糸と糸の隙間が大きく冷たい風・寒気が入り込みやすい欠点も存在している。こういったクラシックなアイテムは作りの性質上、風・寒気に弱いアイテムが多いので素材感と作りで 『 暖かさ』を主張できるアイテムには防寒インナーで対策をしたいところだ。クラシックな顔立ちのウィンターアイテム達とオールデンは完成された組合せなので見逃せないポイントになる。

デキる男は足元が控え目、カラーニットを主役に

出典:WEAR

伝統的なニットアイテム作りを得意とする国内ニットブランドgim(ジム)』から、ボリューム感のあるノルディック柄セーターが毛糸特有の暖かみを主張しているコーディネート。ボトムスは季節感の意識と外の寒気を防ぐ事ができるウールライクのボトムスだ。キモになるのやはり”素材感”

一見すると寒そうにも見えるが、良く目凝らせば暖かそうといにも見えるスタイリングはニットの色使いがそうさせている。 タッセルローファーも冬には寒そうなイメージが付き物だが、このスタイリングのようにウール系のボトムスでスリッポンタイプにありがちな露出する足首を隠してしまうのもアリ。

評価したいのは帽子のみに黒アイテムを使用して、オシャレの根幹となる全体のカラーコーィネートから逃げていない所だ。色合いがはっきりとしたカラーニットは単体での合わせ方に少し迷いが出るものだが、 タッセルローファー の主張を控え目にした中で 上手く主役へと昇華させている。足元のさり気ない タッセルローファー も十分こじゃれた空気を出せている。

個性アイテムが光るヨーロピアンスタイル

出典:Pinterest.jp

ウール生地にチェックの切替が非常に個性的なコートが主役。インナーとボトムスを黒・グレーといったダークトーンにする事で、柄の切替が個性的なコートでも色合わせが上手くいっているようだ。フォルムやシルエットが特徴的なデザイン性の強めアウターでも タッセルローファー は合わせやすい。

天然素材ではなく、アクリルなどの化学繊維が混紡されているコート特有のごわごわ感はマイナスイメージが先行しがちだが、ニットの素材感を大きく主張する事が出来る。

冬に履くべきタッセルローファー

出典:BROGUE
  • シェルコードバン(563、664)

厚着や重ね着で配色が疎かになりがちな冬には足元でコーディネートそのものをカバーできるシェルコードバンモデルの タッセルローファー が活躍できる。また、カーフスキンのモデルでも”鏡面磨き・ハイシャイン仕上げ”といったテクニックで磨き上げる事で代用する事もできる。

アクセントが欲しい時や地味な配色で面白味がない時には、オールデンの輝きでドレスアップしてしまおう。

SNSで見るタッセルローファーコーデ

ここからはSNS等でアップされているタッセルローファーを使用したコーディネート術をInstagramから紹介していこう。

クラッシックなイメージが強く、大人の空気感の漂うセレクトショップの老舗TOMORROWLAND(トゥモローランド)』からオリジナル商品であるストレッチの利いたセットアップとタッセルローファーの組合せ。TOMORROWLANDは多くのセレクトショップの中でも世界的に実力のある職人を抱えたブランドアイテムを多く取り揃えており、セレクトショップオリジナル商品のディテールもイタリア製のアイテムと遜色無いクオリティを誇る。

セットアップとタッセルローファーの組合せもビジネスカジュアルを主体としたコーディネートでは鉄板だ。モノトーンにまとめる事で都会的な印象を与える事ができる。

こちらも国産のコットンを使用したセットアップとの組合せだ。このセットアップはオーダースーツなので普段使いから、ビジネス用途まで幅広くヘビロテできるだろう。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください