『秋服メンズファッション23選』帽子・キャップコーディネート特集 #着こなし達人バイブル Vol.7

近年メンズファッション業界でも大きく躍進を遂げたストリートファッションスタイルだが、特に帽子やベースボールキャップを取り入れたコーディネート秋服大人の洗練されたメンズファッションおすすめおしゃれアイテムとしてマストバイなアイテムだ。

今回もそんなおすすめキャップアイテムコーディネートの軸にした大人の秋服メンズコーディネート達を一つずつ紹介していこう。

レザージャケットとタートルネックニットがダークな世界観に遊び心

ネイビーのタートルネックは薄手の物をチョイス。ボトムスもダークネイビーなカラーで合わせて上質なレザーライダースジャケットとベースボールキャップを主役に。右手首に見えるネオンカラーのラバーアクセサリーで茶目っ気を主張しており、ダークな世界観に遊び心を入れた大人な秋服メンズコーデだ。”ローカットのカラースニーカーやダッドスニーカーでスポーツ感”を出すとより引き締まるコーデだ。

『濃いめのインディゴデニム×革靴orローファーがおすすめ』キャスケット×サスペンダーがクラシック

現在ではあまり使用される事もめっきり減ってしまったサスペンダーを活用した、ワークテイストなコーディネートデニムパンツに使用する事でオーバーオール風にアレンジした大人の遊び心ある秋服コーデだ。ボーダーラインのロングTシャツ(ロンT)とローカットのワークシューズが、18世紀の第一次産業革命時代を意識している。クラシックスタイルのキャスケットは、リバイバルブームの中では逆にモダンなのかもしれない。

レザージャケットのミリタリーテイストが”男”らしさを主張

大人の秋服メンズコーデに最適な、カウハイドレザーの着込まれた”A-2フライトジャケット”と同色のベースボールキャップが男らしさ全開。グレーのデニムパンツはサイズ感をややタイトな物の選べば、途端に”ストリート感も出せる”だろう。ハイカットバスケットシューズ(バッシュ)の様なアイテムも合わせてみたい。暗い配色になりがちな秋には、主張が強い色をワンポイントで入れるとなお面白いだろう。

VANS(バンズ)×キャップ』 小ワザを駆使した”一味違う”シンプルスタイル

オーソドックスなカジュアルスニーカーことVANS(バンズ)』「 オールド スクール」に、ストレッチが効いたダメージデニムが王道な大人の秋服カジュアルスタイルキャップを浅めに被る事で自分自身の体格バランスを考えている。ガッシリとした生地感のコットンTシャツ秋服らしい素材使いを匂わせている。また、首元から見える柄は難易度の高いネッカチーフ。Tシャツのフロントだけをデニムをインする小ワザも中々粋な着こなし術だ。

『レザージャケット×ハンチング帽』3ポイントカラーがイタリア流配色テクニック

チェックのハンチングキャップとざっくりと編み込まれたニット、そして履き込まれたスウェードレザーのモカシンブーツで”バランス良くベージュカラー”を入れている『大人の渋い秋服メンズコーデ』だ。ナチュラルカラーの代表格であるベージュは無骨で男臭い レザーライダースジャケット の雰囲気さえ大人っぽさと優しさを表現してくれる。また、コーディネート全体の配色を3色に絞る事でまとまりが出る。このテクニックはイタリア流のパステルカラーを使用したスタイリングでも高い頻度で使われている。

万能アイテム”ダンガリーシャツ”の無敵感

一枚でスタイリングの完成度を高める事が可能なカジュアルアイテムの筆頭、ダンガリーシャツはフロントを開けてインナートップスの白Tシャツを見せる事でラフな空気を漂わせる。 デニムパンツ同様、着込む度に自分色に染まるダンガリーシャツは、コダワリのある男性なら一枚は所有しておきたい必須マテリアル。 アクセサリーやドレスシューズにも合わせられる”魔法のアイテム”なのだ。

足元は、ナイキ×オフホワイトコラボのスニーカーでもオールデン(Alden)のチャッカブーツでもローファーでもいけちゃう非常に万能な大人の秋服メンズコーデである。そして、テーマに合わせて足元のシューズ革靴に変えるなどして遊んでみると良いだろう。

『ベッカムファッション』夏も秋も捨てられない良いとこ取りスタイル

クシャッとした麻素材のカジュアルな白シャツは真夏だけとは言わず、季節の変わり目にカーディガンとニコイチセットで活用したい。ボトムスは弱ストレッチ性のデニムパンツで丈長めのアイテムが印象的だ。全体を見れば没個性のシンプルコーディネートだが、ハンチングキャップで秋の先取りを意識。

未だに抜けないサマースタイルと、秋の澄んだ空気を楽しむもうとする気持ちが先行した季節の良いとこ取りな組合わせは芸術的。やはりベッカムのファッションからは、目が離せない。

余裕のある空気感がとてもリゾート的な大人の秋服メンズコーデ

柔らかい素材のカジュアルな白シャツは、リゾートデザインのインナーシャツでラフ感を強調。そして、ベースボールキャップも飾り気のないオーソドックスなアイテムであるが、右手首のシルバーアクセサリーの一つで余裕のある男を演じる事が出来ているのが上手い。ボトムスとキャップのカラーを統一し、ベーシックなシャツをチョイスすれば、大胆な柄のアイテム・アクセサリーにラグジュアリー感をプラスする事もできる。

秋服は黒と黒の合わせ技、”イマドキ”の大人ストリートファッション スタイル

エッジの効いたモダンなストリートファッションスタイルには、少しモード寄りのコーディネートを意識する事で完成度を増す事ができる。ただし、ストリートスタイルとモードスタイル間のバランス配分を見誤れば、途端に野暮ったいモードスタイルが完成してしまうだろう。しかしながら、ベースボールキャップはたった一つでバランスの天秤をストリート寄りに傾けられるとても優秀なパーツだ。

個性が見え隠れ、抑えきれない秋服ラグジュアリースタイルコーデ

テーパードボトムス以外、全てが個性的なアイテムで構成された何ともアバンギャルドなコーディネートが渋谷的。各アイテムの独自デザイン・シルエットから察するに、いずれもデザイナーズブランドのアイテムだと思われる。これだけ主張が強めなアイテムを組合せてもキャップは平常運転だ。むしろ一体感を出すのに一役買っているとも取れる。普段から個性的なスタイルを好むのであれば、何かヒントが得られるかもしれない。

ハンチングキャップにより伝統を重んじた”ワーク感”で男らしい秋服メンズコーデ

ツイード素材のハンチングキャップは秋には大正解。グラフィカルな色落ち加工の濃淡デニムパンツだが、シングルベストと同系色でセットアップ。足元が見えないのだが、恐らくベルトと同色の履き込まれたローファー類を合わせたスタイルだと予想。ヨーロッパの伝統的な労働者スタイルが決してモダンではなく”クラシック”な表現だ。嫌味の少ないバンド系アクセサリーはありとあらゆるコーディネートに引っ張りだこ。

イタリアのビジカジスタイルのエレガントさから学ぶ大人の秋服メンズコーデ

日本でも都心部では広く普及している通称”ビジネスカジュアル”。このスタイルの面白い所は日本や他のアジア圏、欧米諸国に至るまでビジネスマンの特色・国柄が大きく出る事だ。残念ながら、多くの日本人が行うビジネスカジュアルスタイルはブランド名の威を借りただけのスタイルになってしまっている事が多い。日本の国柄を考えると、控えめな主張がオシャレに魅せるポイントになるのは覚えておこう。

秋服は、親しみやすいカジュアルスタイルをオールブラックで

ベーシックで取っ付きやすいアイテムを使い配色はインナートップスのシャツ以外は全て”黒一色”。やはり癖の少ないアイテムだけで構成しているので、綺麗にまとまった印象を受ける。色の使い方は基本的に3色でまとめるのがカラーコーディネートを上手く見せる基本なのだが、一色減らしたツートンカラーではより引き締まった表情が出るのだ。

テニスもイケちゃうフレンチカジュアル

ドレスでもカジュアルでも合わせられるスウェードレザーのシューズは、サックスブルーのシャツとデニムのロールアップでこなれ感を演出。キャップとサングラスをプラスすれば、ライトなスポーツもこなせてしまうラフコーデの完成だ。フランス特有のフレンチ感がスポーツの秋をより良いものにしてくれるだろう。

ハーフコートの毛羽立ちとキャップが秋の休日感

コーデュロイ生地のボトムスは『Clarks(クラークス)』の名作こと『ワラビーブーツ』を全面に主張する為、雑なロールアップに加えて視線を集めやすい白のソックスをチラ見せ。着込まれたハーフコートは生地の表面が毛羽立ち、毎シーズンヘヴィーに活躍しているストーリー性がある。キャップはストリート寄りのデザインを選ぶ事で秋の休日感をアピール。

新個性、大都会の”ストリート系紳士”

イタリアンクラシコの定番セットアップにカジュアルアイテムのスリッポンとベースボールキャップを合わせてしまった。まさにビジネスカジュアルの異端児である。少し前では全く考えつかなかったスタイリング術に度肝を抜かれたビジネスマンも大勢いるかもしれない。この様な個性的なスタイルに違和感を感じない事が、ストリートスタイルが市民権を得てきている何よりの証拠だろう。

デニム+デニムに正解は存在しない

デニムジャケットデニムパンツの秋の王道スタイルはインナートップスとアクセサリー次第で様々な表情を見せる事ができる。何かと敬遠されがちなデニムのセットアップには着込む度に馴染む“育てる面白さ“とお気に入りのインナートップスを主役に仕立て上げる”名脇役”という二つの役割をこなす優秀な相棒にもなる。合わせるアイテムで無限に変化するこのセットアップに正解はないのだ。

今っぽいレザージャケット・ライダース×カットソーで大人の秋服ストリートファッション

無骨なアイテムとしてハードな印象を受けるダブルのライダースジャケットには、薄手のカットソーなどで気温差を調節する事も必要になるだろう。ファッションアイコンとしても目立ちやすいライダースジャケットは機能的なアウターでもあるが、レザーアイテムなので蒸れやすい事を忘れてはいけない。

レザージャケット・ライダース&スキニーでロックな個性

先程と似たコーディネートではあるが、こちらは細身シルエットの定番アイテムスキニージーンズとの合わせ技。ライダースジャケットのセンターを開けてスキニーで絞る事で『Iラインシルエット』を作る事ができる。モノトーン配色のおかげでキャップアイテムに迷彩柄という扱いの難しいアイテムを選べるのも嬉しい。

”アメカジの王道”ボアジャケットにハンチングキャップ

ベッカムのファッションは、奥さんであるヴィクトリア氏プロデュースであるため。プロ仕様であり、色使い、サイズ感など大人の秋服メンズコーデにとって必ずウォッチリストに入れたい海外セレブの一人である。

そんな、今回のベッカムファッションは色落ちが少ない濃淡デニムが美しい艶を生み出す、美シルエットのデニムボアジャケット。ハンチングキャップアメカジスタイルの基本を抑えたワーク感の出し方は流石セレブといったところだろうか。腰のデザイン性が高いウォレットチェーンバイカーの副兵装にもなる。

ベレー帽が魅せる芸術の秋

フランスの画家達がこぞって身に着けていたベレー帽は、芸術の秋という言葉を体現した様なアンバランスな角度が魅力。そこにダブルのライダースジャケットとロールアップしたテーパードボトムスは、組合せを考えればミスマッチなスタイリングだが、ベレー帽がファッションとしての説得力を主張しているのが興味深い。

『レブロンジェームスの秋服コーデ』オーバーサイズの新境地、ネルシャツをアウターに

国内古着屋で多く見られるやたら大きなサイズのネルシャツ(フランネルのチェックシャツ)は、オーバーなサイズ感を利用してトレンドストリートファッションで楽しむのもアリ。ジャストサイズのプルオーバーパーカーをインナートップスにすれば不思議とレブロン・ジェームスの様なトレンド感を楽しむ事も可能。キャップで更にストリート色を強め完成度を上げてみよう。

秋服メンズコーデ 禁断のデニムシャツINデニムシャツ

誰がデニムシャツの中にデニムシャツを着込む事を考えたであろうか。濃淡デニムシャツの中に淡いデニムシャツを着てみるとワーク感よりもデニム好きというイメージの方が先行する。おまけにキャップまでデニムという出で立ちだ。恐らくボトムスデニムパンツなのだろう。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください