『ジョンロブ ウィリアム 完全ガイド 2019』革靴×ドレスなコーデもタフに使ってこそ真価を発揮してくれる。

ジョンロブ(JOHN LOBB)の「ウィリアム(WILLIAM)」は、ダブルモンクの革靴好きな方ならば一度と言わず二度三度と購入を考えウォッチされたことがあるのではないでしょうか?

ジョンロブ(JOHN LOBB) の革靴好きだという訳ではなくても、このウィリアムのベルトデザイン、全体のフォルムなどは少なからず革靴ウォッチャーにとっては見逃せないモデルの1つであることは間違いありません。そんなジョンロブJOHN LOBB)のウィリアムについて、その歴史的な背景やデザイン魅力

サイズ感や履き心地から靴の手入れ方法、ヤフーオークションやメルカリ、楽天市場など百貨店以外での販売状況や価格なども含めてご紹介したいと思います。

1、いつかは、ではなく今季手に入れる。

『いつかは・・・・・』『何も足さない、何も引かない・・・』 いずれも日本を代表する高級車やウィスキーのコマーシャルで使われた印象的なナレーションですが、ジョンロブというブランドを表現するにも当てはまるのではないかと思うのです。

ジョンロブ高級革靴であることは間違いありませんが、決して頂点ではありません。しかし既製品としてのステータスを疑う方はいないでしょう。

生粋の英国ですが、エルメスの薫陶を受けた影響でしょうかエレガントな横顔も持っています。そのためダークスーツなどドレッシーな装いには欠かせない存在です。

しかし今回紹介する『ウィリアム』には質実剛健とも言える英国魂を感じることが出来ます。特にアウターなどの重衣料が増えるコーディネイトでは絶妙なバランスが生まれます。 『いつかは・・・』と諦観するのではなく、今季手に入れることを真剣に考えてみましょう。

2、ジョンロブ(JOHN LOBB)は世界を魅了する。

ジョンロブ革靴好きでなくとも、その姿を見ただけで質感の良さ、普遍的なデザインに惹かれる、男の革靴の最高峰ではないでしょうか。そしてその佇まいに見合った価格に一瞬は戸惑うのですが、仕上がりの高さに深く納得するのです。職人ジョン・ロブ氏はゴールドラッシュ時代の鉱夫用のブーツ製造で成功したことから、1866年にロンドンに自身の工房を開きす。ここからジョンロブ歴史が始まりました。

当時はビスポーク=注文として評判が広がり、その勢いを借りて2代目のウィリアムはパリへと進出しました。しかし事業変遷のなかで苦戦が続き、1976年ジョンロブの商標をエルメスに売却します。そしてエルメスというエレガンスを纏い『ジョンロブパリ』がスタートしたのです。

新生ジョンロブは創業の地、英国ノーサンプトンに工房を構えるとビスポークによって培われた技術と精神を警鐘しながら、世界最高峰とも言える既製を手がけようになります。 ビスポークはロンドンの工房で、そして「シティ」や「フィリップⅡ」「ウィリアム」などの名品既成は『ジョンロブパリ』が手掛けることで、世界好きを魅了しているのです。

3、ジョンロブ(JOHN LOBB)ウィリアムの魅力とは。

デザイン的には金属製のバックルが2本ついた、ダブルモンクストラップシューズであり、紐(オックスフォード)かスリッポンかという分類では、その中庸からスリッポンに向いた位置になると思います。

初めて製作されたのは1945年で、洒落者として有名なウィンザー公がビスポークを依頼したのがきっかけだったと言われています。そのデザインソースはミリタリーで、飛行士が履く「アビエイターブーツ」がヒントになったそうです。 そうした背景を持つウィリアムは、1980年代に既製品として発表されると、その新鮮な意匠が評判となり、ジョンロブ不動の人気を獲得します。

美しいカーフレザーが男の色気を増幅してくれます。しかし逞しさを感じるのはミリタリーという出自からでしょう。 履きじわが男の歴戦を物語ります。

3-1、ダブルモンクとは?シングルとの違いは?

金属製のバックルがついた2本のベルトがついていることからダブルモンクストラップシューズ、略してダブルモンクと呼ばれるようになりました。 ジョンロブが初めて採用した意匠ですが、現在では他ブランドからも名品が発表されていてストレートチップやウイングチップ同様、本格の一翼を担っています。

シングルモンクストラップも同列かと思われがちですが、シングルは15世紀アルプス地方のモンク(修道僧)が履いていた起源とされているため、まったく別モノと言えます。 ウィリアムのポイントでもある2つのバックルは、腐食や酸化しづらいパラジウム仕上げになっています。軽く、堅牢なバックルは変色することなく美しい光沢を保ち、足元アクセントを与えてくれます。

ウィリアム(WILLIAM)」最大の特徴はソールに隠されている。

金属製のバックルが付いているため、得てしてアッパーデザインが注目されます。やや派手な印象なので目に留まりやすのでしょう。しかしウィリアム最大の特徴は、ソールにあると断言します。 それは足入れしてみると分かります。身長が伸びた、脚が長くなったという錯覚を覚えるはずです。それはシークレットブーツ的な仕掛けがあるのではなく、構造によるものです。

ウィリアムはカントリーシューズに多く採用される製法で作られています。そのひとつが「オールアラウンドグッドイヤー製法」。通常は前半分だけのところを全周縫い施しています。これにより優れたクッション性を生み、軽いに仕上げられます。

さらにこの製法を採用することで通常よりも多くのコルクを内部に敷き詰められるため、時間経過とともに体重で沈み込み、絶妙なフィット感を味わうことが出来ます。

さらに「ダブルソール」を採用していることも見逃せません。これはアウトソールとインソールの間にもう1枚ミッドソールを挟み込んだ、二重構造のことです。通常のシングルソールよりも厚みがありますが、耐久性と耐水性が高くなります。
増量したコルク、ダブルソールという構造が足入れした時の錯覚につながります。

足に馴染んでしまえば長い時間履いても、またヨーロッパに多い石畳を歩いても疲労が少ないと言います。ジョンロブらしい上質なカーフを使っているのでドレス向きかと思われますが、タフなシーンで使ってこそウィリアムの真価が味わえるのです。

ウィリアム(WILLIAM)」の履き心地・サイズ感

WILLIAMのラスト9795番の特徴は、 比較的ゆったりとしていて甲が高めにセッティングされているところです。そのため足入れの印象は、大きく感じる方が多いそうです。普段履く靴下の厚さを考慮してサイズ感を確かめてください。

ダブルソールなので反りが少なく足馴染みまで時間がかかります。個人差はありますがワンサイズ下を選び、時間をかけてフィット感をあげていくという方法もあります。サイズ表記だけに頼らず、ウィズ(幅)も2種類(EまたはD)を履き比べ、ショップスタッフのアドバイスを参考に選びましょう。

ウィリアム(WILLIAM)」のお手入れ方法

日常のお手入れブラッシング、特にバックル付近にはホコリが付きやすいので丁寧に。バックルをいったんハズしてブラッシングするとイイでしょう。またの中は意外に汚れています。固くしぼった布で拭きとるようにします。汗が雑菌を呼び、イヤなニオイの原因にもなります。一日履いたら、一日以上休ませる。このルーティンを守れば、長く愛用出来るはずです。その他のお手入れについては、以下のサイト等を参考にしてください。

3-2、ウィリアムの価格・相場

ジョンロブ公式サイトに表示されている価格は206,800円(※税込)。伊勢丹でも同商品を扱っていて同じ価格です。正規のルートでの販売価格だと思われます。高価な商品ですので、メンテナンスやアフターケアも視野に入れて購入を検討しましょう。

3-2-1、Amazonでの価格・相場

並行輸入品が中心ですが、140,000円前後が相場と言えそうです。サイズが合わない場合は返品にも応じているようですが、室内で試し履きすること、履きシワに注意が必要であるなど制約が多いのも仕方ありません。商品到着までの時間が確認できないのは少々不安かも。ですが価格重視なら、要検討でしょう。

3-2-2、楽天での価格・相場

Amazonとほぼ同じ価格帯が多く、相場は140,000円。最安値は129,900円でウィリアムが手にはいります。この価格帯で販売しているのは並行輸入業者もしくは、そうした業者から供給された通販専門店舗のようです。一部返品にも応じていますが、扱いには細心の注意が必要です。専門店アパレル専門店であれば安心できそうですが、並行輸入品の購入は個人の責任になります。

3-2-3、ヤフーショッピングでの価格・相場

楽天にも出店している店舗が重複していることが多いので相場も同じように140,000円です。最安値もほぼ同額でウィリアムが手にはいります。そして同じように注意点も。どちらのポータルで購入するかは、それぞれの特典を比べて検討しましょう。

3-2-4、ヤフオクでの価格・相場

サイズ表記は合っていても、USEDなので前の持ち主のクセが付いていてしっくりくるかは判断できません。しかし価格魅力的だし、USEDならではのコナれ感は捨てがたい魅力です。あくまで自己責任、さらに入手後は自分でクリーニングメンテナンスを加えることが面倒でなければお買い得です。程度によりますが、100,000円前後をめどにサイズや色など、シックリくるモノが見つかればラッキー!でしょう。

3-2-5、メルカリでの価格・相場

新品・未使用が100,000円以下で手に入るなら魅力です。サイズもちょうどいい方が多いポジションではないでしょうか。他にもUSEDを中心に手頃な価格のウィリアムが出店されています。マメにチェックすれば掘り出し物が見つかるのがメルカリ人気の理由でしょう。動きも早いので即断即決がポイントです。

3-2-6、ラクマでの価格・相場

メルカリと同レベルの新品・未使用が100,000円以下で手に入ります。サイズも同じ7.5とは。USEDも多数出店しているのでメルカリ同様マメにチェックすれば掘り出し物が見つかります。気になるのはインソールの色が違うこと・・・ですかね。

おすすめのコーディネート。ドレスでもカジュアルでも。

スタンダードなネイビースーツに、髪の色とシンクロするシルバーのネクタイを結んだダンディーな着こなしをクールな印象のダブルモンクが足元を引きしめます。パンツ丈が少し長く感じますが、全体の雰囲気は軽快なビジネスマンと言った印象です。

ダブルのニットジャケットインナーには深めのVネックのカットソーをキレイめカジュアルのお手本のような着こなしです。ややゆとりのあるテーパードパンツという鉄板コーデなので、ここにローファーでは物足りないと感じたのかも知れません。
ダブルモンクを素足履きでもってきました。真似するだけなら簡単ですが、様になるかどうかは個人のオシャレ指数に寄ります。

SNSで見るジョンロブ「ウィリアム(WILLIAM)」

Instagram(インスタグラム)

ウィリアムの投稿はインスタでも多数確認できます。多くは上の画像のようにスーツ足元を飾るものですが、下の画像のように細身のコットンパンツとの相性もいいことが分かります。カントリー系の素地も持っているので、こうしたコーデにも違和感はありません。

ローファーだと思えば使い勝手が見えてきます。パンツ丈を短くセットしダブルで仕上げ、ソックスアクセントに使えば収まりが良さそうです。ネイビージャケットでネクタイはせず、スポーツタイプの時計でハズすとか。

Twitter(ツイッター)

ウィリアムで過ごす週末。

端正な顔立ちと男っぽいバックルを装着し、しかもタフに使えるソール構造を持つウィリアムはビジネスパートナーとして頼もしい存在です。さらにドレスからビジネスカジュアルまで守備範囲の広さも嬉しい限りです。しかし足馴染みが良くなったからといっても、週末や休日はもう少し優しい印象のを探してしまいます。

全くのプライベートであればスニーカーローファーでもイイのですが、少し気を使わなければいけない席に出向くならラバーソールを採用し、スエードとのコンビで仕上げたウィリアムはいかがでしょうか。ボルドーに近いブラウンならの装いを軽やかに、黒はデニムコーデを格上げしてくれます。このバージョンも履き込むことで、ゆっくり寄り添ってくれます。週末出かけるのが楽しくなります。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください